子役を目指す方への情報が満載

子役になるにはオーディションに合格しよう!

子役になるにはオーディションに合格しよう! 小学校に上がる前の小さな子供がテレビや映画で素晴らしい演技をしているのを見て、「うちの子も子役として活躍させたい」と願うのであれば何が必要ですか?それは子役になるには、子役を募集しているオーディションに合格する事が必要です。
オーディションでは、数人の大人がいる前でもきちんと自己紹介をし歌やダンスが出来るか審査されます。
加えて特定のセリフや演技をすることも指示されます。
こうした指示や要求に応えて審査にクリアできないと、大勢の大人の前でしかもたくさんのカメラを向けられるなかで演技をすることは難しいと言えます。
それで、クリアするためには演技のプロの指導をうけて演技力や場慣れすることは重要です。
子役になるにはただ可愛い、人前に出るのが好き、というレベルではありません。
たくさんのことが求められますが、それでも本人の努力と周りの大人のサポートと励ましで子役としてデビュー出来るのも夢の話ではありません。

子役になるにはオーディションは必須!自宅で出来ることは?

子役になるにはオーディションは必須!自宅で出来ることは? 多くの親が子供を子役にしたくて、子役になるには近道だと言われている芸能事務所に入れるなどの努力をしています。
しかし、子どもであれば誰でも事務所に所属出来るという訳ではなく、入るためにはオーディションにパスしなければなりません。
子役になるには人前で聞かれたことにハッキリと返事をしたり、大きな声で挨拶をするなどの基本的なことが合格の決め手となることも少なくないため、自宅での練習が明暗を分けることがあります。
親が審査員となって、質問されそうなことをリストアップして子どもに実際に質問したり、元気に挨拶が出来るかどうかをチェックすることはそれほど難しいことではありません。
自宅で練習を重ねることで、子どもは本番になっても普段通りに振舞うことが出来るはずです。
特に子どもが社交的な性格ではないなどといった場合は、家族全員で事前練習を行いましょう。
時々しか会わない親戚等にも同席してもらえば、本番で知らない人を前にしても緊張しないで済みそうです。

新着情報

◎2020/10/23

芸能事務所に所属
の情報を更新しました。

◎2020/09/30

サイト公開しました

「子役 オーディション」
に関連するツイート
Twitter